ビオトープ
e-環境ガイド
クリーン・エネルギーの話題
自然エネルギーへの取り組み…岩手県岩手郡葛巻町
風力・太陽光発電の普及に関わるランキング
バイオディーゼル燃料への取り組み
アルコール燃料とガソリン
太陽光発電
太陽の光エネルギーを、太陽電池を利用し、直接電力に変換する発電方式。
風力発電 風力発電
「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝える発電方式。
燃料電池
「水素」と「酸素」を化学反応させて、直接「電気」を発電する装置
自然エネルギーへの取り組み…岩手県岩手郡葛巻町

拡散・転載歓迎!
震災からの一日も早い復興をお祈りしています!

最近話題の岩手県葛巻町の「自然エネルギーへの取り組み」をご紹介します。

「すでに、自然エネルギー自給率160%ですって!」
「えっ、すごい、日本人もやりますねえ」
「『新エネ百選』にも選ばれたんですって」
「何?その『新エネ百選』って」
「あのね、経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、地域性を考慮した全国の新エネルギー等利用に関する取組みを評価し、
優れたものを『新エネ百選』として選定してるんですって」
「内容的には『平成7年度から新エネルギー導入を積極的に展開。
平成15年度までに22,200kWの風力発電設備を導入する他、
太陽光発電やバイオマス利用について官民一体となって取り組んでいる。』事を評価されたんですって」
「へー、葛巻町に行って見たくなったわねえ。どんなところなのかしら?」

葛巻町は、岩手県の内陸北部にある面積43,499Km2 人口8,725人の町。
町の大部分86%が緑豊かな森林で、豊かな自然資源を活かし、
「ミルクとワインとクリーンエネルギーの町」としての取り組みをしてきた町です。

クリーンエネルギーについては、風力発電、太陽光発電、バイオマス
(家畜の糞尿によるバイオガス、木のチップによる木質バイオマス)等に力を入れてます。

現在では、エネルギーマップを手に、風力からペレットストーブまで見学できる
次世代型エネルギー博物館・葛巻町に、年間約50万人もの見学者が訪れ、
「森と風のがっこう」という自然エネルギー教育、エコロジカルな生活教育の場として
循環型の暮らしができる施設づくりを進めている、廃校を再利用した施設もあります。

………………………………………………………………もっと詳しく

木 森 環境 エコ ビオトープ 地域 不動産
木 森 環境 エコ ビオトープ 地域 不動産
環境 エコ ビオトープ 地域 不動産